瀬尾医院

婦人科のごあんない

女性特有の疾患

子宮の病気
ひとくちに子宮の病気といっても、良性の筋腫からがんまでさまざまです。月経の状態や不正出血などにより体調の変化に気づくこともありますが、検診で定期的にチェックすることが大切です。
卵巣・卵管の病気
子宮に比べてふだん意識することがない卵巣や卵管には、実は重い月経痛や不正出血の原因となる病気が潜んでいることもあります。婦人科系の異常や、気になる症状に気づいたら、しっかり検査を受けて治療を進めましょう。
外陰部・腟の病気
性行為がなくても、外陰部に発症する感染症などの病気があります。中には早期の治療が大切なものもありますので、症状に気づいたら、受診をためらわずしっかり治療を受けるようにしましょう。
性感染症
外性器の病気は、主に性行為に関係するものと、性行為がなくても発症するものの2つに分けられます。いずれにしても早めの受診をおすすめします。

子宮がん検診

子宮頸がんは子宮頸部(子宮の入口)にできるがんで、ウイルス(HPV)が原因となることが明らかになっています。このウイルスは性交渉によって感染し、はじめて性交した年齢が低い人や、多くの性交相手がいる人に多く、最近では20歳代でも増加しているのが特徴です。
子宮頸がんを予防するためには何よりも、定期的な子宮がん検診の受診が効果的です。
当院は日立市の子宮がん検診施設です。
日立市のホームページをご覧になり、ぜひ検診をお受けください。

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチンの接種も行っています。お気軽にご相談ください。

漢方治療

漢方を含む東洋医学と西洋医学には、その診断方法に大きな違いがあります。
西洋医学では病名をつけて、それを治療することを目的としますが、東洋医学では病気を診るのではなく、患者さまのその時の体調や、もともとの体質、なぜそうなったかの病因などを総合的に分析して判断します。
これを「証(しょう)」と呼ぶのですが、具体的にいうと、「頭が重い」「寒気がする」といった患者さま自身の主観と、医師の診断によって収集された客観的な見方の両方を総合し、判断することとなります。当院では漢方専門医の立場から、漢方処方を中心とした、女性にやさしい医療を心がけております。何なりとご相談ください。

不妊症

不妊の原因はさまざまあり、原因がひとつに限られる場合と、複数の原因が重なり妊娠しにくい場合があります。子どもが欲しいと思いながらなかなか妊娠しない、そのような状況にあり、不妊症の原因に何らか心当たりがあるようでしたら、早めに受診することをおすすめします。
また受診時には、ご夫婦どちらかおひとりよりも、できればご夫婦おふたりで診察を受けられることで、正確に早く、不妊の原因を突き止めることができるはずです。
※不妊治療につきましては、信頼できる不妊治療施設との連携により治療を進めてまいります。

更年期障害

ほとんどの女性が50歳から51歳で閉経を迎えます。この閉経の前後5年くらい、すなわち45歳から55歳の方が更年期にあたります。

  • それほど暑くないのにたくさん汗をかいたり、のぼせや、首から上が急に暑くなったり(ホットフラッシュ)、常にからだのほてりを感じたり、息切れ、冷え、手足のしびれなどの血管運動神経症状。
  • なんとなく元気が出ず、憂うつ感やイライラ、不安感に苦しみ、夜も寝つきが悪く眠りが浅いなどの精神神経症状。
  • トイレが異常に近く尿もれがする、夫婦生活の際に痛みがある、入浴や排尿時に粘膜にしみる感じがあるなどの泌尿器・生殖器症状。

以上のような状態や症状がみられる場合には、更年期障害の可能性があります。どうぞお早めにご相談ください。