瀬尾医院

院長
Dr.瀬尾 文洋

昭和大学医学部卒業後同大学院卒業
医学博士

  • ・日本産科婦人科学会専門医
  • ・母体保護法指定医
  • ・日本東洋医学会漢方専門医
  • ・日本生殖医学会会員
  • ・新生児蘇生法インストラクター資格講師
産婦人科担当非常勤医師
Dr.瀬尾 晃平
  • ・日本産科婦人科学会専門医
  • ・日本超音波学会専門医
  • ・昭和大学病院産婦人科勤務
  • ・胎児ドック担当
Dr.板垣 智昭
  • ・日本産科婦人科学会専門医
  • ・昭和大学産婦人科非常勤講師
Dr.所 恭子
  • ・日本産科婦人科学会専門医
  • ・国際認定ラクテーション・コンサルタント
Dr.瀬尾 百合子
  • ・日本産科婦人科学会専門医
  • ・日本生殖医学会会員
Dr.瀬尾 尚吾
  • ・日本外科学会専門医
  • ・日本小児外科学会専門医
  • ・順天堂大学病院勤務

ごあいさつ

1900年、初代院長がこの地で医業を始めてから100年以上の月日を重ねます。その間、2代目、3代目と受け継ぎ、現院長で4代目となりました。
現院長も1981年に開業して以来、取り上げた赤ちゃんは1万人を超えようとしています。
現在では、「私は先生に取り上げてもらったんです!」という妊婦さんもたびたびお見えになり、世代を超えてなお、つながる絆を感じております。
地域の皆さまに支えられここまで来られたことを心より感謝いたします。これからもよろしくお願いいたします。

当院の特徴

初診から出産までひとりの医師が一貫して診察いたします。
一人ひとりの患者さまを大切に、時間をかけて診察し、丁寧な周産期管理をモットーとしています。また、安全なお産と赤ちゃんのために、高次医療機関と密接な連携を取り診療に当たっています。
漢方治療を率先して取り入れた医療を行います。
東洋医学会漢方専門医の立場から、漢方薬処方を中心とした女性にやさしい医療を心がけています。
これからも地域の皆さまに愛される身近なファミリードクターとして、共に歩んで行きたいと思っております。出産にかぎらず女性の総合科として、何なりとご相談ください。
当院では硬膜外麻酔による「無痛分娩」を取り扱っています。
お産の痛みは、陣痛と言われる子宮収縮時の痛みや、分娩時に赤ちゃんの頭によって膣や外陰部・肛門周囲が押し広げられる時に発する痛みがございます。
その痛みを和らげるお産を「無痛分娩」と言い、当院では硬膜外麻酔による痛みの軽減をはかります。
硬膜外麻酔とは、硬膜外腔に細いチューブを挿入し麻酔薬を持続注入し、痛みを軽減させる方法です。
麻酔により、陣痛やお産の痛みを感じにくくなりますが、足を動かすことやいきむことはできるので、赤ちゃんが産まれ出てくる瞬間を、お母さん自身の目で見ることができます。
無痛分娩を選択することにより、苦痛感を和らげ分娩進行がスムーズになることが期待されます。